ローマの治安

ローマ治安
治安アドバイザー
観光客を狙った犯罪が横行しています。呼び込みをしているタクシーに注意しましょう。
ローマの治安 危険ランク
総合危険度 rank4(4/5)
ベネチア広場、トラステヴェレ rank3(3/5)
テルミニ駅、フィウミチーノ国際空港、スペイン広場 rank4(4/5)
ナヴォーナ広場、トレヴィの泉、バチカン広場 rank4(4/5)
コロッセオ、コンドッティ通り、チンクエチェント広場 rank4(4/5)
世界有数の観光地のひとつであるローマは、スペインのバルセロナやフランスのパリと並びスリや置き引きといった軽犯罪が多いのがよく知られています。一方で、市内に極小国家バチカン市国を抱え、さらに古代ローマ時代の遺跡という西洋文明のシンボルがありながら、これまでイスラム過激派のテロに襲われたことがありません。このようにテロ対策が非常にしっかりしている一方で観光客を狙った泥棒や詐欺師が後を絶たないわけですが、これは東欧系のスリ組織の存在が理由のひとつと言われています。

最近はアフリカからの難民が増加するに従って治安が悪くなっているという話もありますが、白人にも泥棒はいます。とにかくあやしそうな人からはなるべく距離をとる、というのが鉄則です。バスや電車を待つときなどにも周囲に目を配り、空港のチケットカウンターやホテルのレセプションなどでも荷物は身体に密着させておきましょう。

編集部
  • 空港からの移動
  • 市内の移動について
  • 犯罪事例・地下鉄でのスリ
  • 観光で注意すること
  • 犯罪事例・駅でスリ
  • 危険な時期
  • 近郊の町、都市間の移動について
  • 地域別危険度ランキングまとめ

空港からの移動

ローマには二つの空港があります。レオナルド・ダ・ヴィンチ(フィウミチーノ)空港から市中心部へは、電車(レオナルド・エキスプレスまたはローカル線(レッジョナーレ)、シャトルバスまたはタクシーで行くことができます。タクシーは定額で、3,4人であればレオナルド・エキスプレスで行くより便利です。ただし呼び込みをしているタクシーは違法タクシー(いわゆる白タク)の可能性が高いです。正規のタクシーは白か黄色ですのでご注意を。

もうひとつのチャンピーノ国際空港は基本的にヨーロッパ発のLCC用空港という位置づけです。フィウミチーノ国際空港と違って、ほとんど市街にあると言ってよいほどアクセスがよいです。中心部へは、バスかタクシーで行きます。こちらのタクシーも定額です。そして、やはり違法タクシーに気を付けてください。

市内の移動について

市内の主要エリアにはトラム(路面電車)や、地下鉄、バス、タクシーで行くことができます。公共交通の中でスリに遭うこともありますので、荷物にくれぐれも注意して移動してください。

イタリアの駅には改札はないですが、抜き打ち検査で不正乗車が見つかれば罰金刑になります。観光客が注意すべきなのは、乗る前にホームに設置されている刻印機で刻印をしていないと不正乗車と同じになってしまうことです。毎回確認しましょう。

犯罪事例・地下鉄でのスリ

一人旅でティブルティーナ駅から地下鉄に乗って車内で立っていたところ、数人から不自然に囲まれあやしいと思って注意していたつもりだったが、降りたら鞄から財布が抜き取られていた。

囲まれてしまうと非常に不利なので、電車に乗るときは出入り口付近は避けましょう。また、並んで電車やバスを待っているときは鞄は前方に持つのが基本です。肩掛けなどで目の届かない場合、バッグを切られることもありえます。

観光で注意すること

ローマには貧困層も多く、街の中心部などで物乞いやホームレスを見かけます。物乞いは相手にしない方がいいですが、中には物乞いを装ったスリ集団もいますので、たとえ子どもでも油断せず、距離をとってください。

犯罪事例・駅でスリ

テルミニ駅(中央駅)で、子どもが段ボール箱の切れ端に文字が書かれたボードを見せながら、物乞いのようなことをしていた。お金をあげるつもりはなく追い払おうとしたのだが、しつこくつきまとってきた。そしてようやく追い払ったと思ったら、ショルダーバッグに入れていたスマホがなくなっていた。

段ボールのボードは視界を遮るためのボードにすぎず、注意をひきつけている間に他の子どもがスリをする、というのが定石になっています。このケースでは、追い払いながら同時にショルダーバッグのファスナーをしっかりつかんでおくべきでした。

ローマのナイトライフに関しては人通りの多い観光地では危険というわけではないですが、
テルミニ駅周辺など夜間の路上は雰囲気の良くない地域もあります。常識的な判断で危なそうなところに近づかなければトラブルに遭遇することは多くありませんが、くれぐれも日本の感覚で夜遅くに歩き回ったりしないようにしてください。

危険な時期

年末年始とカーニバルの期間はお祭りムードで、パレードなどを見とれている間に所持品がなくなってしまうこともあります。また、ローマではありませんが、ドイツなどではこの時期にテロ事件などが起きています。ようするに、人が増えるところは治安が悪い傾向があるので、注意が必要です。

近郊の町、都市間の移動について

近郊の町には鉄道の近郊列車、長距離列車、バス、飛行機などで行くことができます。ローマからナポリまでは220kmほどの距離なので足を延ばすこともできますが、ナポリはローマよりもさらに治安が悪いことで知られています。心配な方はガイドつきを行かれることをおすすめします。

地域別危険度ランキングまとめ

危険度3 ベネチア広場、トラステヴェレ
危険度4 テルミニ駅、フィウミチーノ国際空港、スペイン広場、ナヴォーナ広場、トレヴィの泉、バチカン広場、コロッセオ、コンドッティ通り、チンクエチェント広場

参考:外務省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA