シンガポールの治安総合ガイド

シンガポール国旗
治安アドバイザー
シンガポールは安全な国ですが、思わぬ落とし穴もあります。
シンガポールの治安 危険ランク
総合危険度 rank1(1/5)
殺人・強盗 rank1(1/5)
スリ・詐欺 rank2(2/5)
リトルインディア、ゲイラン rank1(1/5)
その他のエリア rank1(1/5)
編集部
  • シンガポール旅行で注意したいこと
  • チャンギ空港からの移動
  • 両替について
  • 日本では信じられない罰則・事例
  • カジノで熱狂する前に知っておくこと
  • レスコードに注意
  • シンガポールのエリア別危険度(1-5)まとめ

シンガポール旅行で注意したいこと

現在のシンガポールは一人当たりGDPが日本より高く、治安も世界トップクラスです。国際テロについてもリスクは日本と同程度と評価されていて、これは外国人労働者が人口の4割以上(2013年)もいることを考慮すると驚異的ですらあります。

自然災害でも、シンガポールには地震が記録上ほとんどなく、さらに台風については全く発生しません。移住したくなるような自然環境ですが、唯一の汚点は5月から10月の間に発生するヘイズ(煙害)。これはスマトラ島での大規模森林燃焼が原因で、ひどいヘイズは花粉症のような症状を引き起こします。

チャンギ空港からの移動

シンガポールで唯一のチャンギ空港を含め、市内の主要観光地へはMRT(高架電車)で行くことができます。その他の場所も地下鉄、バスが走っています。初乗り運賃はタクシーも含めて日本より割安です。タクシーのバリエーションとしては、配車アプリ”uber”と”grab”もシンガポール中で使えます。

両替について

シンガポールドルは日本の銀行でも扱っていますが、仮にチャンギ空港で両替する場合でも、シンガポールの方がはるかにレートがよいです。一般的に銀行より両替屋、特に日本人にはショッピングモール「ラッキープラザ」の中の両替屋が有名です。

実際には、シンガポールではたいていの場所でクレジットカード決済が可能ですし、ATMでの現金引き出しも途上国のようなリスクがありませんので、現金は食堂(ホーカー)での食事用程度の持ち合わせで十分でしょう。

タバコとガムのトラブルについて

シンガポールでは道端で唾を吐いたり、ゴミのポイ捨ても罰金が課される、というのは有名な話ですが、この国はタバコやガムにすら滅法厳しく、ガムは持ち込みすら禁止ですし、煙草は入国時に一本から申告して関税を払わなけなければいけません。その上、もし納税証明書を携帯していなければ、当局に見つかったときに追加で罰金を払うことになります。

どうしても必要な人は現地で煙草を買うことも可能ですが、値段も高く売り場も限られているため、必要な分だけ持ち込んだ方が得になる場合が多いです。シンガポールではその他にも、電車の中でも飲食禁止など禁止事項は数多く、覚えるのも難しいぐらいですが、基本的には行儀よくしていれば捕まることはありません。

日本では信じられない罰則・事例

電車で通勤中の女性が、車内でアメをなめていたことで30シンガポールドルの罰金刑を課された。

当局による規制があまりにも極端だと、2009年に世論に物議をかもした事件です。なお、電車の中では通話も禁止で、無用な徘徊も許されません。

カジノで熱狂する前に知っておくこと

2010年に開業した途端、一躍シンガポールの目玉スポットになったマリーナベイ・サンズと、セントーサ島のリゾートワールド・カジノは、外国人観光客は入場無料ということもあり、ギャンブルなどしたことがない人も体験してみたくなる場所です。ここでの賭博は完全に合法で、かつ厳格なことで有名なシンガポール政府によって管理されており、世界的に見てクリーン。少額しか賭けない一般客が心配するようなリスクは百歩譲ってもありません。

どちらかというと心配するべきは、熱中している間のスリや置き引きです。先進国シンガポールと言えども、外国ですので最低限の警戒は怠らないようにしましょう。

レスコードに注意

現代日本になく、海外ではむしろ一般的な習慣がドレスコード。カジノだけでなく、高級ホテルやナイトクラブ、それからクラシックのコンサートのような高級感のある空間では格式を保つため、あまりにもラフな格好だと入場を拒否されることがあります。具体的には、だらしないランニングシャツや短パン、サンダルなどです。

シンガポールのエリア別危険度(1-5)まとめ

危険度1 オーチャード、チャイナタウン、リバーサイド、シェントン・ウェイ、ブギス、イーストコースト、セントーサ島
危険度2: リトルインディア、ゲイラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA